受験に、就職に、資格試験。
数年先のゴールを追いかけてきたけど、
世の中の変化は早すぎるし、
人生100年時代だし、
誰かのいいねで決めてなんかいられない。

大企業がなんだ。
ベンチャーがなんだ。
公務員がなんだ。
否定しないし、
否定される筋合いもない。

肩書きなんて気にしない、
じぶんらしく、じぶんで決めた、
じぶんの人生。

speaker

「経営者」を超える

#
株式会社ユーグレナ

代表取締役社長CEO

出雲充氏

東京大学農学部卒、2002年東京三菱銀行入行。 2005年株式会社ユーグレナを創業、同社代表取締役社長CEO。同年ミドリムシの食用屋外大量培養に世界で初めて成功。 中小企業基盤整備機構Japan Venture Awards 2012「経済産業大臣賞」受賞、世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leader 2012 選出。信念は『ミドリムシが地球を救う』。 著書に『僕はミドリムシで世界を救うことに決めた。』(小学館新書)がある。

「公務員」を超える

#
よんなな会/総務省

同会発起人

脇 雅昭氏

1982年生まれ、宮崎県出身。2008年に総務省に入省。入省後に熊本県庁に出向、2012年に本庁に戻り、人事採用、公営企業会計制度の改正を行う。2013年から神奈川県庁に出向し、現在は自治振興部、市町村課長として従事。広く深い人脈を生かして、『よんなな会』を主宰し、官僚と47都道府県の地方自治体職員を繋いでいる。入省後に受験した司法試験に合格。

「会社員」を超える

#
(株)ハピキラFACTORY

代表取締役

正能 茉優氏

(株)ハピキラFACTORY代表取締役/ ソニーモバイルコミュニケーションズ(株)スマートプロダクト担当/ 慶應義塾大学大学院 特任助教

1991年生まれ、東京都出身。 慶應義塾大学在学中、地方の商材をかわいくプロデュースし発信する(株)ハピキラFACTORYを創業。大学卒業後は、広告代理店に就職。 現在は、ソニーにてスマートプロダクトに携わりながら、自社の経営も行う「パラレルキャリア女子」。 その「副業」という働き方の経験を活かし、2016年度には、経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する研究会」の委員にも。 最近は、慶應義塾大学大学院特任助教として、学生たちと「地域における新事業創造」について、活動中。

「学生」を超える

#
株式会社Hand-C

代表取締役CEO

仁禮 彩香氏

中学2年の時に株式会社GLOPATHを設立。 教育事業、学生/企業向け研修などを展開。高校1年の時に自身の母校湘南インターナショナルスクールを買収し経営を開始。 2016年に株式会社Hand-Cを設立。同年Harverd Business Review未来を作るU-40経営者20人に選出。Hand-Cではリーダーシップ研修や、「自分の人生を切り開く力」を育む小中高生のためのサタデースクールなど、様々な人材育成プログラム開発/運営を行う。

モデレーター

#
ICCパートナーズ株式会社

代表取締役

小林 雅氏

東京大学工学部卒業後、アーサー・D・リトル(ジャパン)入社。 2001年に現在のグロービス・キャピタル・パートナーズに入社し、 パートナーに29歳で就任(最年少)。2007年に独立し、累計150億円以上のベンチャーキャピタルファンドを立ち上げ。一貫してインターネット業界のベンチャー投資業務に従事し、2004年からはインターネット業界の経営者・幹部が集まるカンファレンスNew Indusry Ledaers Summit(NILS)の立ち上げに参画。2015年10月に独立し、2016年4月にICCパートナーズ株式会社設立。オープン・イノベーションの実現に取り組む。

contents


Opening

「じぶん」らしく生きる
とは

(株)ユーグレナ代表取締役社長CEO 出雲 充氏による、 「自分らしく生きる」をテーマにしたご講演です。


Panel Discussion

「カタガキ」に捉われない生き方に出会う

社長かつ会社員、官僚、投資家など様々な立場で活躍す る方々によるパネルディスカッション。肩書きに縛られない キャリアを知ります。


Key Note

Comming Soon


Workshop

「カタガキ」を超えろ

ワークショップ形式で、じぶんらしく生きるための これからについて考えます。多様な考えをもつ若者が 出会うことで、自分らしさを知るきっかけに。

about

  • 開催日時

    2018年10月9日(火)18:00-

  • 開催場所

    一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内2F)

  • 料金

    無料

  • 定員

    500名

Youth Speak Forum